スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
チェコのヘンなゴス映画「モルギアナ」

Morgiana

今日観た映画。先日載せた「闇のバイブル 聖少女の詩」に続き、
「チェコ怪奇骨董幻想箱 vol.1 GOTH-BOX」からの一本。
1972年、ユライ・ヘルツ監督。
原作はロシアのエドガー・アラン・ポーとの異名を取るアレクサンドル・グリーン。

父の遺産を継いで優雅に暮らす姉妹。
姉のヴィクトリアは真っ黒のゴッスゴスで高慢で欲深く嫌われててヘンなメイク、
妹のクララはピンクのフッリフリで素直で天真爛漫で皆に愛されててヘンなメイク、
ちなみに両方イヴァ・ヤンズロヴァの一人二役。
妹ばっかりモテモテで、嫉妬と疎外感でますます性格が歪む残念な姉、
シャム猫のモルギアナだけが唯一の心の拠り所。
海辺で遊ぶメイドを岩陰から眺めては嫉妬に耐え切れず石を投げ、
使用人の男を誘惑してみるも顔を見られた瞬間鼻で笑われ、
痛々しいというか可哀想というか、とにかく残念な姉は妹の毒殺を決心する!

という話。

この姉がほんとに悪いやつなんだけど、そうなるのも致し方ないと思うくらいの
非モテっぷりと愛されてなさっぷりに哀れさが先に立ってどうも憎めなかった。
(妹もそんなに性格良さそうに見えないというのもあるが)
やってることは悪党そのものとはいえ、色々目論んだのに
最終的には何から何まで報われない姉が可哀相で可哀相で。

結局誰にも愛されず、そして最後のささやかな企みさえも報われなかった姉が
唯一心を許していた存在の名がタイトルに冠されているのも深い。
ラストのいくつかの細かいシークエンスもうまいなあと思った。

まあ、正直ゴス映画か?といったら微妙なとこなんだけども、
「ひなぎく」のヤロスラフ・クチェラが関わっているからか
衣装や小物も凝っててそういうの好きな人も楽しめます。
DVDについてる内藤章子さんの解説も面白いです。
ただ全体的にノリは火サスだし、中盤はものすごいグダグダです。
あくまでB級映画なのはお忘れなく。
スポンサーサイト
06/12 23:53 | movie | CM:2 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
チェコのシュールレアル×ゴシックロリータ映画「闇のバイブル 聖少女の詩」

Valerie and her week of wonders (Valerie a tyden divu) - Trailer

昨夜DVDで観た映画。原題の"Valerie and her week of wonders"(直訳すると「ヴァレリエの不思議な一週間」)に対し「闇のバイブル 聖少女の詩」というあまりにもあんまりな邦題が付けられて不憫極まりない、1970年作のチェコの作品。明らかにエロとホラーの部分しか見られてない邦題だけど、まあ確かにいい塩梅にエロいんだけど、しかしただのエロ映画にはあらず。同郷の前衛詩人ヴィチェスラフ・ネズヴァルの同名小説を元にした幻想シュールレアリズム映画であり、同時にゴスロリ映画の傑作として半ば伝説と化していた作品らしいです。(余談だけど、カレル・チャペックのSF小説「山椒魚戦争」の訳者解説によると、ネズヴァルはチャペックのサロンにもよく顔を出していたらしく、同時に熱心な共産党員でもあったそう。)日本版DVDは「チェコ怪奇骨董幻想箱 vol.1 GOTH-BOX」に収録されてます。

しかし怪奇・ゴシックとロリータの両要素がこれ程の次元で融合している映画は結構珍しいと思う。初潮を迎えた13歳の少女、野原を歩く彼女の足を血がつつと伝い、足元の真っ白な花にぽたりと垂れる、そんな序盤のワンシーンからもうエロスと妖しさと美しさが全開。性の目覚め・成熟に対する恐れと興味と、同居する祖母の老いへの恐れ。どこまでが現実なのかも判然としないシュールレアリスティックな官能的怪奇世界はテリー・ギリアム的でもあり、シュヴァンクマイエル版「アリス」的でもあり。驚異的なゴスロリ映画。

主演のヤロスラヴァ・シャレロヴァがいろいろな意味で凄かったので調べてみたら当時14歳。14歳にここまで演じさせるってなんちゅう国だ。

「アリス」しかり、「ひなぎく」しかり、チェコの少女映画ってほんとレベル高いな。


さて、本当はトレーラーと感想のみのつもりで記事を書いてたんですが、いまいろいろ検索してたらYouTubeに英語字幕版がまるっと上がってるのを見つけてしまったので一応それも載せておきます。
05/11 01:40 | movie | CM:4 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
イタリアンスパイダーマン、4月に全編公開?新作予告2点

Italian Spiderman Teaser #1


Italian Spiderman Teaser #2

先日ご紹介したイタリア製スパイダーマンのトレーラーですが、4月にインターネット上で全編公開!とのキャッチとともに新たな予告が2点登場しています。相変わらず異常にかっこいい音楽。釣りにしてもガチにしてもこのクオリティは否が応にも期待感を煽られる・・・!観たい・・・!
03/15 00:07 | movie | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
怪作、イタリア製スパイダーマン & 東映製スパイダーマン

Italian Spiderman (1968)

1968年作のイタリア版スパイダーマン。セリフはわかりませんが、あまりの素晴らしさに涙が出そうです。しかも音楽が無駄にかっこいい。見るからにマーベル社とは何の関係もありませんが、映画のスパイダーマンとしてならこっちの方が40年くらい先輩。

ちなみに、監督のGianfranco Gattiをして「私が人生で犯した最悪な過ちの一つ」と言わしめてしまっている本作ですが、出演しているFranco Franchettiという役者はこれが遺作なんだそうです。何ともはや・・・

>> myspace: Italian Spiderman
作品の公式myspaceページ。超イケてるテーマ曲とか聴けるよ!

【追記】
コメント欄より「フェイクではないか?」とのご指摘をいただきました(キロ11さん、ありがとうございます)。
製作年については、製作元のページの記述に従い訂正しました(1964年→1968年)。
実際フェイクかどうかについては、調べてみた限りでは若干クロっぽいけど何とも言えない感じでした。
まあ、釣りだとしても相当うまいなあと思います。



Japanese spiderman

さて、こちらは東映版スパイダーマン。1978~79年放送、なのでイタリア版のほうがまだ先輩だ!
中途半端に東映テイストを盛り込まれたこっちのスパイダーマンでは、なぜかレオパルドンという巨大ロボットに乗って戦うという設定。いやいや、自分で戦えよ。せっかくクモ人間なんだからさ、そこは押していこうよ、自分の能力を。自信持てよ。

なおこちらのスパイダーマンについてはこのサイトが詳しいです。「スパイダーマン 全名乗り口上」というコーナーが面白い。
「犬笛にむせび泣く男、スパイダーマン!」
「キノコ狩りの男、スパイダーマン!」
「格闘技世界チャンピオン、スパイダーマン!」
なんというかいろいろカオス。
02/04 19:35 | movie | CM:2 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
ローランド・カーク×ジョン・ケージ "Sound??" (1966)

John Cage and Raashan Roland Kirk: Sound?? (1966)
(ミラー: @GoogleVideo @Stage6

Richard "Dick" Fontaine監督による、盲目の伝説的ジャズミュージシャン、ローランド・カークの演奏にジョン・ケージの語りを乗せた短編映画。同監督のオーネット・コールマン・トリオを題材にした作品と共にDVDになっています。詳しい作品解説はUBUWEBにて。

とにかくこのローランド・カークという人が物凄く豪快で、サックスを3本同時に吹いたり、鼻でフルートを吹いたり、客に笛を渡して「キーはWだから!よろしく!」とか言って参加させたり(Wって何だよ)、動物園で鳥と共演したりと、とってもフリーダムすぎるフリージャズ。ケージとぶつけられるわけだよ。

ちなみに、この制作に際して二人が顔を合わせたことはなかったそうです。
02/02 17:41 | movie | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
「田園に死す」サントラ in ニコニコ動画


だいぶ前のhazy-moonさんのtwitterで知った、寺山修司の代表作「田園に死す」のサントラがごそっとニコ動に。これはすごいな。



同じくニコニコ動画から。映画中でも特に絶大なインパクトでもって有名な雛壇流しのシーン。このイマジネーションは本当にすごい。大学1年の時に観てぶっ飛んだ。この映画がグラフィカルな面で自分に与えた影響は絶大で、今でも壁一面に並んだ時計なんかを見るとついこの映画を連想してしまう。

ここで使われている蘭妖子さんの「惜春鳥」、国内屈指の(と勝手に認識している)ディープな音源紹介ブログInformation Overload Voxでも先日アップされてましたね。
02/01 14:21 | movie | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
世界初のストップモーション特撮映画"The Lost World"(1925)
>> "The Lost World" (1925)

ずいぶん遅くなりましたが明けましておめでとうございます。

さて、新年一発目は、世界初のストップモーションによる特撮映画「ロスト・ワールド」。ストップモーション特撮の神様、レイ・ハリーハウゼンの師匠であるウィリス・オブライエンの手によるものです。

原作はコナン・ドイルによる「失われた世界」。このタイトルの小説といえばマイケル・クライトンのそれが有名ですが、これが元ネタ。

以下に動画本編を。(ブログトップを表示するたびインストール催促のポップアップが出てきたりするとうざいと思われたので移動させました)再生にはDivXWebPlayerプラグインが必要です。プラグインを入れてない場合は、表示時に何かしらダイアログが出ますのでインストールしてからご覧下さい。↓
01/12 19:00 | movie | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
「キル・ビル」病院シーンの口笛をインコがコピー

Calopsita Jimmy cantando Twisted Nerve (Kill Bill)

『キル・ビル Vol.1』の有名な病院のシーンで、ダリル・ハンナ扮する殺し屋エル・ドライバーが口ずさんでいるあの曲をインコがコピーしてます。結構似てる。すごい。

しかしアレですね、飼い主は相当頑張ってインコにここまでメロディを教え込んだのだろうけども、これからは逆に四六時中この歌声を聞かされることになるのかなーと思うとそれはそれでなんというかご愁傷様です。

(via あざけり先生、台風きどり)



Kill Bill - In the Hospital (Twisted Nerve)

その「キル・ビル」の該当シーンはこれ。

この曲には元ネタがあるというのは有名な話で、1968年のイギリス映画『密室の恐怖実験』(原題"Twisted Nerve")で使われた曲(映画の題名と同タイトル)がそれ。作曲はバーナード・ハーマン(『タクシー・ドライバー』の音楽もやってた人)。


TWISTED NERVE whistling scene before KILL BILL

というわけで、その元ネタ『密室の恐怖実験』の該当シーン。
何の変哲もないシーンなだけに、メロディのインパクトが際立つ。
タランティーノも、それがよほど印象に残ったんだろうなあ。
07/16 14:58 | movie | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
デヴィッド・リンチ作のCM3本
デヴィッド・リンチ監督の手による、ストレンジな味わいの3本のCM。



David Lynch's Public Service Announcement

ゴミのポイ捨てを止めよう、というメッセージ広告。
「ポイ捨てしてると怖いことになるよー」っていうことなんだけど、それを悪夢的映像の巨匠に撮らせれば、ご覧の通りの強烈なインパクトに。見事なお家芸。



David Lynch's Bizarre Car Commercial

日産の車のCM。これもまたリンチ感全開ですね。「ロスト・ハイウェイ」~「マルホランド・ドライヴ」の頃の寒々とした都会的クールネスがよく出てる。車のCMとしてはどうなのか、という根本的疑問は残るけど。



David Lynch's Wacky Cigarette Ad

3本の中ではたぶん一番ストレンジ度の高い、全編が逆回し映像のタバコのCM。全編逆回し、というとこういう感じの「メメント」系ミステリー仕立てなのかと思って何かうまいオチを期待してしまうけども、そこはやっぱり「ロスト・ハイウェイ」のリンチ監督、基本的に広げた風呂敷は広げっぱなしのその豪腕がここでも炸裂です。っていうか商品との関連がまったくわからない。やりたい放題ですね。素敵。
03/30 12:36 | movie | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
関根光才氏の代表作2本: "Right Place" + "Daughter"
CMディレクター関根光才氏の代表作を2つ。
プロット的にも映像的にも無駄のない、ものすごくスマートな作風。


>> Right Place

カンヌ国際広告祭(Young Directors Award 2006)最優秀ショートフィルム賞など多数の賞を獲った短編。全てのものが「正しい場所」に収まってないと気がすまない男の話。白線の上をきっちり歩くとか、芸が細かいなあ!伏線の張り方も絶妙。



>> Daughter (DIESEL)

こちらは2006年のカンヌ国際広告祭グランプリを獲ったDIESEL提供のCM。
POLYSICSのPVでもおなじみのストロングマシン2号ちゃん主演。

↑以外のも含めて、氏の作品は公式サイトでも視聴可能ですのでこちらも。
02/11 16:16 | movie | CM:0 | TB:1 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
template design by takamu
Copyright © 2006 oz All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。