スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
グレゴリー・コルベール展行ってきました
現在お台場ノマディック美術館で開催中のグレゴリー・コルベール"Ashes and Snow"に行ってきました。比較的早い時間に行ったのでそんなに混んでなかったけど、一通り見終わって出てきたら入り口がちょっとした行列。想像以上に人気あるみたいで。

>> Gregory Colbert / Ashes and Snow

自然と文明の融点に立ち現れる神秘性。一切の思想を差し挟んでいないのに、ある種の宗教性すら感じさせる。一部の作品ではパラジャーノフの「ざくろの色」を想起したり。


YouTubeにオフィシャルムービーもありました。
スポンサーサイト
04/30 18:02 | art / culture | CM:2 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
「タッチ・テクニック」のStanley Jordanによるギター2本同時プレイ

"Autumn Leaves"

「タッチ・テクニック」という一種の両手タッピング奏法で知られるジャズギタリスト、スタンリー・ジョーダンによる、2本のギターを同時に弾きながらの「枯葉」。

ここまで来ると音楽というより多分に曲芸的ではあるのだけど、それでもこんな弾き方でこれほどクリアで豊かな音色が出せるというのがすでに信じられない。単なる曲芸を超えて十分に芸術の域まで達していると言っていい表現力。

この人は他にも様々なポピュラーソングのカバーをしているので(他の曲では「二刀流」ではないですが)、以下その映像。
04/30 16:30 | music | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
today's pic 04/27: Violeta Lopiz
work by Violeta Lopiz

今月に入ってからあまり更新や巡回に時間をかけられず、クオリティ下がってて申し訳ないです。今日の絵もどこか別のサイトで知ったもののはずなんですがネタ元を失念しました。ほんと超ダメダメ。ごめんなさい。

扉の向こうに覗くでっかい顔、といえば自分はシュヴァンクマイエル版「アリス」のジャケットが思い浮かぶんですが、ほかにこういう構図を使ってる有名なものって何かありましたっけ。

>> Violeta Lopiz
04/27 12:30 | art / culture | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
today's pic 04/23: Christopher Scardino
work by Christopher Scardino

work by Christopher Scardino

work by Christopher Scardino

>> Christopher Scardino
04/23 11:26 | art / culture | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
レゴでマリオ

Mario Bros. Lego

レゴでマリオやってます。途中からマリオじゃなくなったり、キノコ取ってからの顔がアレだったり、わりと突っ込みどころ多め。ファイアボール出した後の一瞬のカメラ目線とか。

リコーダーを使ったBGMや肉声で当てた効果音がオマヌ感漂っててかわいい。
04/20 10:08 | blow / edge | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
today's tune 04/20: Eric Johnson
音色の魔術師、エリック・ジョンソン。


Eric Johnson - SRV
04/20 09:46 | music | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
today's pic 04/19: Jack Long
The Growing Towers by Jack Long
"The Growing Towers"

They Looked To The Sky by Jack Long
"They Looked To The Sky"

Safety Was Within Reach by Jack Long
"Safety Was Within Reach"

すごく生き物っぽいユーモラスな家々。かわいい。

>> Jack Long
(via GLUBIBULGA)
04/19 20:47 | art / culture | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
today's pic 04/18: Wang Xiaojin
work by Wang Xiaojin

work by Wang Xiaojin

work by Wang Xiaojin

>> Wang Xiaojin
(via armchair aquarium annex)
04/18 09:29 | art / culture | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
today's tune 04/15: Berlin - The Metro (SOADによるカヴァーつき)

Berlin - The Metro

映画「トップガン」に使われた"Take My Breath Away"が有名な、80年代のグループBERLIN(ベルリンorバーリン)の初期の代表曲のひとつ。映像を含め、80'sポップミュージックを全身で体現したようなテクノポップ。冷ややかな情感と疾走感がいい。



System of a Down - The Metro

で、こちらはアメリカのメタルバンドSYSTEM OF A DOWNによるカヴァー(YouTubeの映像はファンが勝手につけたもの)。現在出回っているアルバムには今のところ収録されていないものの、初期のデモ音源に入ってたりライブで演奏してたりするのでファンの間ではわりと有名な曲みたいです。原曲より100倍怪しげな感じですごい好き。
04/15 13:12 | music | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
today's pic 04/12: Amir H. Fallah
I Wanted To Move On But You Never Left by Amir H. Fallah
"I Wanted To Move On But You Never Left"

I Wanted To Surround You With Love But This Is The End by Amir H. Fallah
"I Wanted To Surround You With Love But This Is The End"

Even When I Move I Stand Still by Amir H. Fallah
"Even When I Move I Stand Still"

>> Amir H. Fallah / hybridheart
04/12 13:42 | art / culture | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
フィンガーピッキング・タッピングの鬼たち
今までもちょくちょくそういう路線のアーティストを取り上げてはいますが、それ系のすごいギタリストはまだまだまだまだいっぱいいる!

というわけで、オープンチューニング系とでも呼ぶべきか、ジャンルを問わずタッピングやフィンガーピッキングを駆使して素晴らしい音世界を生み出しているギター・ヴィルトゥオーソの方々を、個人的用途もかねてずらずら15人ほど列挙してみた。とは言っても、俺自身興味を持ってからまだ日の浅いところなので、知識は完全ににわか仕込みです。他にもあの人がいるよ!などあったら是非ご教唆ください。

じっくり見てられない人はとりあえず(おすすめ!)って書いてあるものからどうぞ。
04/08 18:23 | music | CM:5 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
today's pic 04/07: Gerard Bourgeois
untitled by Gerard Bourgeois

untitled by Gerard Bourgeois

すりガラスを通したような裸婦像。うーんこりゃエロい。

>> Gerard Bourgeois
04/07 00:00 | art / culture | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
THE MARS VOLTAをピアノでカバー
4/1に嘘更新でもしようかと思ってましたが機を逸しました。


Roulette Dares

THE MARS VOLTAをピアノオンリーにアレンジした猛者の登場です。比較的やりやすそうな曲を選んでるとはいえ、あの変態極まりない楽曲をよくここまで綺麗にまとめきったなあ。それだけでも驚嘆。



Eriatarka


Televators
04/02 17:59 | music | CM:2 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
template design by takamu
Copyright © 2006 oz All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。