スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
"Tango" by Zbiginiew Rybczynski
1983年アカデミー賞(アメリカ)最優秀短編アニメーション作品、1981年アヌシー国際アニメーション映画祭(フランス)大賞+観客賞受賞、1981年オーバーハウゼン映画祭(ドイツ)大賞+国際批評家連盟賞受賞、1982年オタワ映画祭(カナダ)観客賞受賞、1982年タンペレ映画祭(フィンランド)最優秀アニメーション賞受賞、1981年クラカウ映画祭(ポーランド)主賞受賞、

と数々の映画祭でグランプリを獲りまくった、
ポーランドの作家ズビグ・リプチンスキーの短編作品が
YouTubeで観られるとのこと。

互いに一見無関係な動作をミニマルに繰り返す人々が、
次から次へと現れて、次第にひとつの部屋を埋め尽くしてゆく。
一見無関係でも、よく見るとカバンやスープの皿といった小道具が
異なる人物の間でやりとりされていたりしておもしろい。

それぞれは独立している動作が、計算しつくされた配置の中で噛み合うというのは
「アルゴリズム体操」に通じる発想だなあ、などと思っていたら
ネタ元のサテメモさんとこで過去に同じことが書いてあった
っていうかこちらの方が断然詳細な言及。
ここに書くことがなくなってしまった。

まあとにかく、すごくおもしろいので是非観てみてくださいということで。

>> Zbiginiew Rybczynski "Tango"
(via サテメモ)
スポンサーサイト
03/15 11:45 | movie | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://deadcalm.blog52.fc2.com/tb.php/21-61c37f72
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 oz All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。