スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
第4回CON-CANムービーフェスティバル、アニメーション部門ノミネート作品が公開中
CON-CAN: cut from 「聖職者たちのメシア」
>> CON-CAN: 第4回フェスティバル・アニメーション 上映室

魂観メディア・プラザ主催のオンライン映画フェス、CON-CANムービーフェスティバルの第4回アニメーション部門ノミネート作品、全20作が公開中。会員IDを持っていれば投票でき、その結果で当落が決定するそうです。会員には無料で登録できますが、作品の閲覧自体はIDを作らなくても可能です。

全体的にハイレベルな作品が集ってて見応えありまくり。いつまで公開されてるのかわかりませんが、お早めに!まだ全部は観てないけどお気に入りは下のあたり。

アルマンドと魔法のラビオリ缶 / Claude Barras(スイス)
「アラジンと魔法のランプ」のほのぼのパロディ。
かわいらしくてすごい和む。お子様とも安心して観られます。

ボタン!ボタン!ボタン! / Anastasia Zhuravleva(ロシア)
時代はボタンですよ!椅子萌えの次はボタン萌え。これ。
電車のドアがファスナーって発想がいい。邦題は同じロシアの短編アニメ「フィルム!フィルム!フィルム!」を意識してるのかな。

告げ口心臓 / Raúl García(スペイン)
上2つとは打って変わって、アラン・ポー原作の怪奇もの。ベラ・ルゴシの朗読を使ってます。白黒の映像のインパクトもさることながら、この語りがたまらない!

聖職者たちのメシア / Gints Apsits(ラトビア)
美しくもグロテスクなイメージ。以前取り上げたラン・レイクを思わせる映像。

氷盤 / Cedric louis, Claude Barras(スイス)
最初に挙げた「アルマンドと魔法のラビオリ缶」の監督が関わってて、かつ絵柄もかわいらしいものだから、てっきり同じようなほのぼの系かと思ったら…最後で地雷踏んだ。気になる方はご覧ください。

Birds / 半崎信朗氏(日本)
これはやばい!BGMも世界観も超好み。と思ったらこれCAFF'05でグランプリ獲ってた作品だ。タイトルが微妙に変わってる。でも中身は素晴らしい。
スポンサーサイト
01/19 11:21 | art / culture | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://deadcalm.blog52.fc2.com/tb.php/356-b0190319
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 oz All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。