スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
「キル・ビル」病院シーンの口笛をインコがコピー

Calopsita Jimmy cantando Twisted Nerve (Kill Bill)

『キル・ビル Vol.1』の有名な病院のシーンで、ダリル・ハンナ扮する殺し屋エル・ドライバーが口ずさんでいるあの曲をインコがコピーしてます。結構似てる。すごい。

しかしアレですね、飼い主は相当頑張ってインコにここまでメロディを教え込んだのだろうけども、これからは逆に四六時中この歌声を聞かされることになるのかなーと思うとそれはそれでなんというかご愁傷様です。

(via あざけり先生、台風きどり)



Kill Bill - In the Hospital (Twisted Nerve)

その「キル・ビル」の該当シーンはこれ。

この曲には元ネタがあるというのは有名な話で、1968年のイギリス映画『密室の恐怖実験』(原題"Twisted Nerve")で使われた曲(映画の題名と同タイトル)がそれ。作曲はバーナード・ハーマン(『タクシー・ドライバー』の音楽もやってた人)。


TWISTED NERVE whistling scene before KILL BILL

というわけで、その元ネタ『密室の恐怖実験』の該当シーン。
何の変哲もないシーンなだけに、メロディのインパクトが際立つ。
タランティーノも、それがよほど印象に残ったんだろうなあ。
スポンサーサイト
07/16 14:58 | movie | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://deadcalm.blog52.fc2.com/tb.php/477-2af8e6b2
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 oz All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。