スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
Gerd Ludwigの写真に見る、チェルノブイリと事故被害者の現在
photo by Gerd Ludwig
Today within Chernobyl's abandoned villages, nearly all of the small wooden houses are empty and many overrun by forces of nature.

Gerd Ludwigという社会派フォトグラファーの作品から。
事故から20年が経った、チェルノブイリの現在。


photo by Gerd Ludwig
On the day of the disaster, children oblivious to the nuclear accident played in this Prypyat kindergarten, where dolls and toys still scattered on the floor are testament to their hasty departure.
事故の瞬間まで子どもたちが遊んでいた幼稚園の一室。
photo by Gerd Ludwig
Twenty years ago, here in the control room of Unit #4 operators committed a fatal series of errors, triggering the reactor meltdown that resulted in the world's largest nuclear accident to date.
事故現場の発電所の制御室。


photo by Gerd Ludwig
The Children's' Home in Vesnovo receives support from international aid organizations for the victims of Chernobyl to care for abandoned and orphaned children with mental and physical disabilities.

photo by Gerd Ludwig
Despite conflicting beliefs even amongst medical personnel, children born in severe fallout regions of Belarus are said to have a higher rate of birth defects and retardation due to Chernobyl's fallout.
被曝者たちのポートレート。
彼らにとってチェルノブイリは決して過去ではない。


photo by Gerd Ludwig
Gapa Semenenko, 82, an elderly returnee to the Exclusion Zone, transports supplies purchased from traveling vendors to supplement subsistence farming in contaminated soil.
多量の放射線が残留しているチェルノブイリ周辺の隔離区域には、
現在400人ほどの住民が暮らしているそうです。

>> Gerd Ludwig
(via Neatorama)


【関連】

>> Jonas Bendiksenの写真に見る、ロシアの憶えておくべきこと
スポンサーサイト
07/22 14:39 | art / culture | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://deadcalm.blog52.fc2.com/tb.php/480-4e2ed804
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 oz All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。