スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
フジロック行ってきました: 1日目(7/27)
遅くなりましたが、感想書きます。

直前に新品で買ったテント(2000円)を現地で開けてみたらポールが壊れている、という素敵な幕開けでしたが、なんとか3日間持ちこたえました。サバイバルって楽しいね!でももう当分しなくていいわ、こんな経験。

以下観たアーティストメモ。書いてたら長くなってきたので1日ごとに分けます。今回は初日のぶん。
・サンボマスター
苗場の中心で愛を叫んだケモノ。
あんまり曲知らないんですが(あ、でも「そのぬくもりに用がある」は好きです)、MC等の煽りが半端なくうまいなあ。歌詞をフェス仕様にちょっと変えたりとか、そういう細かい気配りがすごく効いている。というかそういう煽り技を入れることを最初から意識して曲作りをしているんだろうな。曲知ってても知らなくてもあれはテンションが上がらざるを得ない。

・赤犬
バカじゃないけどバカになりきれる人というのに少し憧れているタイプなので、こういう高いミュージシャンシップと演奏力でもってちんことかうんことか頭の悪いことを言いまくるそういうアティテュードってとても好きです。曲が進むにつれだんだん露出度の上がっていくフロントの皆さま。ボーカルの人がふんどし一丁で客席に飛び込んでて、確実にぽろりというかもろりという感じのシーンがあったような気がするんですがなぜか記憶がおぼろげ。新曲、と言っていた変拍子込みの大曲がすごい好みだった。

・the band apart
は大好きなんですが、もう一つどうしても観たいアーティストがかぶってしまっていたのと、バンアパは去年くらいに品川ステラボールのワンマンで観ているので、1曲目に名曲"Eric.W"をやっているのを背中で聴きつつ、後ろ髪を引き抜かれる思いで移動。お目当てはTHE ALBUM LEAF。大好きなバンアパまで犠牲にしてしまうほど、個人的に興味があったアクト。あの美旋律を生で味わえるという期待に胸を高鳴らせ、WHITE STAGEからはるばる20分くらい歩いてRED MARQUEEへ向かう、と、

THE ALBUM LEAF 出演キャンセルのお知らせ

・・・。

ちなみにその日のステージでバンアパは2曲の新曲を披露したそうですよ。泣きたい。

・STEVIE SALAS COLORCODE
今回観る中では一番ハードロック寄りなファンクロックの大御所。これ系のギタリストでは自分の中ではこのスティーヴィー・サラスとヌーノ・ベッテンコートが二大ゴッドです。恐ろしいリズム感。弦切ったりストラップ切ったりエフェクターいかれたりとトラブル多かったけど楽しませてもらいました。2曲目でやった"Tell Your Story Walking"はほんと名曲。
>> "Tell Your Story Walking"

・MUSE
疲れたので仮眠してたら25分くらい遅刻したんですが、20分くらい押してたのでちょっとのロスで済んだ模様。あんまり良くなかったらJOHN BUTLER TRIOに流れるつもりでいたのに、気がついたら終わってた。セットリストが神がかってたのもあるんですが、ギターのトラブルにキレたマシューがアンプを蹴倒し、ピアノをぶっ飛ばして退場!という大物外タレならではの素敵な瞬間を目の当たりにしてしまったらそりゃ離れられないですよ。

その後アンコール(という名目)で再登場し"Plug in Baby"と"Stockholm Syndrome"という2大名曲をやってくれたのも束の間、やはりギターのトラブルに我慢できず今度はギターをジャイアントスイング!美しい放物線を描くマンサンギター。ドラムの人もいい加減プッツンしてドラムセットをぶっ倒して退場。なんか色んな意味ですごいものを観たなあ。

・HIFANA
以前当ブログでも紹介した人力ブレイクビーツデュオ。ジャンル的にはあまり聴かないんですが、生パーカッションも絡めてすべての音のパーツを手動で鳴らすというのがリズムおたく的に惹かれたので鑑賞。人力特有の微妙なタイム感の揺らぎがグルーヴ的に心地よい。"WAMONO"も当然やってくれた。
>> "WAMONO ~和モノ~" (Live at New York-Tokyo Music Festival 2006)

・DJ KENTARO
DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPというDJの世界大会のアジア人初の優勝者っていう凄い人。というわけでやはりあまり聴かない世界ながら好奇心で見てみた。遠くからだったのでよく見えず「なんかものすごい勢いで手が動いてるなー」ということしかわからなかったので、しばらく堪能したところでテントに帰って就寝。眠かったし。
しかし、後で動画とか観てるとやっぱものすごいねこの人。ちゃんと見ればよかったな。
>> "Loop Daigakuin" (Bird's-eye view Ver.)
>> DMC 2002優勝時の映像


→2日目に続く
スポンサーサイト
08/05 13:47 | music | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://deadcalm.blog52.fc2.com/tb.php/491-8b833856
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 oz All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。