スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
フジロック行ってきました: 2日目(7/28)
→1日目

2日目です。いっぱい寝ちゃったのであんまり数は観てないです。
・髭(HiGE)
すごく人気出てるらしくて、アルバム2枚ほどレンタルして聴いてみたけどそんなにピンとこなかった。個人的な嗜好としてロックンロールに甘さは要らない、ギラギラさせるなら徹底的にとんがってほしいというタイプなので(他のジャンルはまた別だけど)、単純に楽曲が肌に合わないんだなあ。

それでもライブパフォーマンスは熱いのかなと思って今回観てみたのだけど、やっぱりあまり訴えてこなかった。MCが上滑りしてしまっているように感じてしまったのと、ツインドラムにする意義がいまいちよくわからなかったのが大きいかな。上手ドラムがリズムを引っ張っているのだけど、下手ドラムは基本的に同じリズムを合わせているだけで、たまにパーカッシヴなウワモノを載せるくらい。それもアタックが弱くあんま聴こえないっていう。

関係ないけど、ヴォーカルのお兄さんがなんか見覚えある気がして、考えてみたら初日のグリーンステージの原っぱで寝てたのを見た気がする。他人のそら似かもしれないけど。さらに関係ないけど、今回同行した知人が数年前のFRFに行った時は、自分の隣でギターウルフの中の人が寝てたそうです。

・MAE
マエ、でなくメイと読みます。新曲が半分くらいだった。

エモをやる人に悪い人はいない、正確に言うとエモをやる人に悪人面はいない、というのが去年サマーソニックでCOPELANDを見て以来の勝手な持論なのだけど、その例証をまた一つ見つけました。もうほんとみんな人の良さそうな、ちょっと気の弱そうな、そこらへんにいそうな、普通のお兄さん。

で、もうひとつの持論として、MAEやCOPELANDのようなあまり疾走しない上品系エモバンド(自分はこれを『おエモ』と呼んでおります)は野外ライブでは微妙、というのがあるんだけどそれも再認識。野外のような出音が拡散する空間はこういう音楽とあまり相性よくないと思う。イメージ的には青空とか似合うんだけどね。でも最後にやった"Someone Else's Arms"はやっぱ名曲。
>> Mae - Someone Else's Arms

・!!! (chk chk chk)
のんびり昼飯食ってたら冒頭見逃した。しまった!

リズム隊がほんとにセンス良くて好き。特にベースラインがドツボ。じわじわじわじわじわじわと熱を帯びてくる感じがたまらない。フロントの人のつい物真似したくなる変なダンスもよい。
>> !!! (chk chk chk) live

・KULA SHAKER
再結成来日。復活作のアルバムはほとんど聴いてないままだったけど、それでも過去の有名曲は押さえたセットリストでテンション上昇。"Hush"はやっぱり人気あるなー。新作の曲もわりと好感触だったのであとでちゃんと聴いてみようと思った。今もまだ聴いてないけど。

でも個人的に一番好きな"Great Hosannah"をやらなかったのがすごく悲しかった。大学で2曲だけコピーしたクーラの曲の片方なのに(もう1曲はもちろんHushです)。

・OMAR RODRIGUEZ LOPEZ GROUP
最低な寝坊2回目(1回目は初日のMUSE)。前半3/5くらい見逃した。今日はこんなんばっかりです。自分ひどすぎ。

要はMARS VOLTAでした。やった曲がオマーのソロアルバムというだけで、メンバーほとんどおんなじ。しかもマーズヴォルタ自体ライブのほとんどがアルバムに入ってない(か、入ってるけどインプロ用に大幅にアレンジ済みの)曲で出来てるようなバンドなので、観てる側にとってはますます違いはわかりません。とりあえずいつものようにジャムパートではドラムの人を凝視して終わった。超すっげー。
>> Thomas Pridgen on Drums
今回叩いてたマーズヴォルタの4代目ドラマー。22歳だって。もう嫉妬もできません。

・iLL
"Sound by iLL"(全編インストのエレクトロニカ)しか聴いたことなくて観にいったら、予想と全然違うものが出てきた。ちゃんと歌も歌うし、エレクトロ度も低いし。しかもヴァイオリンに勝井祐二氏(ROVO etc)、ドラムに沼澤尚氏(渋さ知らズ etc)という豪華ゲスト。とはいっても方向性から言って超絶テクニック炸裂!というわけではなく、あくまで音響系に徹した職人仕事。
>> iLL - flying sausor

終了後、次のアーティスト(RRIICCEE music Vincent Gallo)の転換でヴィンセント・ギャロの姿を確認。客席がみんなばしばし彼の写真撮ってて変な光景だった。なお演奏は見てません。

・JUSTICE
最低な寝坊3回目。苗場食堂のあたりでちょっと寝てたら(寒かった・・・)AVENGERS IN SCI-FIも卓球もぶっ飛ばして午前2:30。

もういい加減学習しろという話で、この時点で死ぬほど後悔したわけなんですが、にも関わらず翌日には最後にして最強最低な寝坊をかますことになるんですが、それは明日の話。

JUSTICEは直前に初めて聴いたのだけどブリッブリな音がなかなか好き。ベースのビートがほとんど一緒なので曲の区別は全くつかないけどそれはもう大した問題ではない。踊る人にとっては。へろへろになって午前4時再就寝。
>> Justice - D.A.N.C.E [OFFICIAL VIDEO]


→ 3日目に続く
スポンサーサイト
08/06 14:07 | music | CM:0 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://deadcalm.blog52.fc2.com/tb.php/493-ce4d137f
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 oz All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。