スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
戦前の国産アニメーション3作
YouTubeで観られる、戦前の日本のアニメーション。
当時のアニメ文化って「のらくろ」くらいしか知らなかったけども、実はすごかったのね。今はDVDで出てるのも結構あるみたいで。


動絵狐狸達引 (1933)

戦後直後に流れていたTVアニメなどと比べてみると、当時のアニメーションはものすごくつくりが丁寧というか、労力が割かれているのがわかる。


くもとちゅうりっぷ (1943)

雨の描写がすごい!


桃太郎 海の神兵 (1945)

最後のこれは、終戦直前にプロパガンダ映画として製作されたもの。実際は74分の長編です。相当に力を入れていたみたいで、このどんじりの時期でもこのクオリティというのが純粋にすごい。プロパガンダとしてはほとんど報われないうちに終戦しましたが、手塚治虫も戦後これを観て衝撃を受けたそうで、そういう意味で(あと歴史的史料としても)意義深い作品。

画質は落ちますが、戦闘中のシーンの一部がこっちで観られます。

この映画について詳しくは以下の参考リンクで。

>> Wikipedia: 桃太郎 海の神兵
>> 兵器生活: 文部省非推奨映画 「桃太郎 海の神兵」
スポンサーサイト
11/27 18:40 | art / culture | CM:2 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://deadcalm.blog52.fc2.com/tb.php/550-c4ad8ebc
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 oz All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。