スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
怪作、イタリア製スパイダーマン & 東映製スパイダーマン

Italian Spiderman (1968)

1968年作のイタリア版スパイダーマン。セリフはわかりませんが、あまりの素晴らしさに涙が出そうです。しかも音楽が無駄にかっこいい。見るからにマーベル社とは何の関係もありませんが、映画のスパイダーマンとしてならこっちの方が40年くらい先輩。

ちなみに、監督のGianfranco Gattiをして「私が人生で犯した最悪な過ちの一つ」と言わしめてしまっている本作ですが、出演しているFranco Franchettiという役者はこれが遺作なんだそうです。何ともはや・・・

>> myspace: Italian Spiderman
作品の公式myspaceページ。超イケてるテーマ曲とか聴けるよ!

【追記】
コメント欄より「フェイクではないか?」とのご指摘をいただきました(キロ11さん、ありがとうございます)。
製作年については、製作元のページの記述に従い訂正しました(1964年→1968年)。
実際フェイクかどうかについては、調べてみた限りでは若干クロっぽいけど何とも言えない感じでした。
まあ、釣りだとしても相当うまいなあと思います。



Japanese spiderman

さて、こちらは東映版スパイダーマン。1978~79年放送、なのでイタリア版のほうがまだ先輩だ!
中途半端に東映テイストを盛り込まれたこっちのスパイダーマンでは、なぜかレオパルドンという巨大ロボットに乗って戦うという設定。いやいや、自分で戦えよ。せっかくクモ人間なんだからさ、そこは押していこうよ、自分の能力を。自信持てよ。

なおこちらのスパイダーマンについてはこのサイトが詳しいです。「スパイダーマン 全名乗り口上」というコーナーが面白い。
「犬笛にむせび泣く男、スパイダーマン!」
「キノコ狩りの男、スパイダーマン!」
「格闘技世界チャンピオン、スパイダーマン!」
なんというかいろいろカオス。
スポンサーサイト
02/04 19:35 | movie | CM:2 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://deadcalm.blog52.fc2.com/tb.php/572-01aa2f07
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 oz All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。