スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
チェコのヘンなゴス映画「モルギアナ」

Morgiana

今日観た映画。先日載せた「闇のバイブル 聖少女の詩」に続き、
「チェコ怪奇骨董幻想箱 vol.1 GOTH-BOX」からの一本。
1972年、ユライ・ヘルツ監督。
原作はロシアのエドガー・アラン・ポーとの異名を取るアレクサンドル・グリーン。

父の遺産を継いで優雅に暮らす姉妹。
姉のヴィクトリアは真っ黒のゴッスゴスで高慢で欲深く嫌われててヘンなメイク、
妹のクララはピンクのフッリフリで素直で天真爛漫で皆に愛されててヘンなメイク、
ちなみに両方イヴァ・ヤンズロヴァの一人二役。
妹ばっかりモテモテで、嫉妬と疎外感でますます性格が歪む残念な姉、
シャム猫のモルギアナだけが唯一の心の拠り所。
海辺で遊ぶメイドを岩陰から眺めては嫉妬に耐え切れず石を投げ、
使用人の男を誘惑してみるも顔を見られた瞬間鼻で笑われ、
痛々しいというか可哀想というか、とにかく残念な姉は妹の毒殺を決心する!

という話。

この姉がほんとに悪いやつなんだけど、そうなるのも致し方ないと思うくらいの
非モテっぷりと愛されてなさっぷりに哀れさが先に立ってどうも憎めなかった。
(妹もそんなに性格良さそうに見えないというのもあるが)
やってることは悪党そのものとはいえ、色々目論んだのに
最終的には何から何まで報われない姉が可哀相で可哀相で。

結局誰にも愛されず、そして最後のささやかな企みさえも報われなかった姉が
唯一心を許していた存在の名がタイトルに冠されているのも深い。
ラストのいくつかの細かいシークエンスもうまいなあと思った。

まあ、正直ゴス映画か?といったら微妙なとこなんだけども、
「ひなぎく」のヤロスラフ・クチェラが関わっているからか
衣装や小物も凝っててそういうの好きな人も楽しめます。
DVDについてる内藤章子さんの解説も面白いです。
ただ全体的にノリは火サスだし、中盤はものすごいグダグダです。
あくまでB級映画なのはお忘れなく。
スポンサーサイト
06/12 23:53 | movie | CM:2 | TB:0 | このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://deadcalm.blog52.fc2.com/tb.php/588-3c04ebce
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 oz All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。